メル友審査|待ち合わせ場所に待ち伏せして行動チェック

メル友審査|待ち合わせ場所に待ち伏せして行動チェック

メル友審査|待ち合わせ場所に待ち伏せして行動チェック

メル友審査|待ち合わせ場所に待ち伏せして行動チェック

出会い系サイトで知り合ったメル友と、はじめて会うときにはドキドキするものですよね。

 

「かわいい女の子かな?」「イケメンかな?」などの期待と不安が混じり合うため、前の日にもなかなか寝付けないものです。

 

ただ、メル友と直接会う前には「メル友審査」をするのがよくて、安全に出会うためにも事前にメル友がどのような人なのかをチェックする必要があります。

 

そこで今回は、うまいメル友審査の方法やチェック事項をいくつかピックアップしていきます。

 

メル友と待ち合わせ前にチェックすること

メル友から送られてくるメッセージの内容がとても優しいメッセージであっても、実際はどういう人間がメールを書いているのかは会ってみなければ分かりません。

 

極端に言ってしまうと、女性だと思っていたメル友であっても、実際は男性がメールを送信していることもあります。

 

それらの行為を出会い系サイトでは「サクラ」といい、ポイント制の出会い系サイトでは行われているケースがあります。

 

サクラは、出会い系サイト内でのポイントを消費させるだけの存在なので、実在している女性や男性ではありません。

 

そのためにも、メル友と直接会う前にはメル友審査は必要で、ホントに実在しているのか、どのような人間なのかをチェックする必要があります。

 

そこで、具体的なメル友審査の方法には「メッセージを多めにやり取りする」「事前観察をする」などがあります。

 

待ち合わせ前にメッセージは多めにやり取り

簡単なメル友審査の方法は、メッセージを多めにやり取りすることがオススメで、出会う前にはメル友とは出来るだけたくさんのメッセージのやり取りをすると、ある程度どのような人間かが分かります。

 

簡単なあいさつだけのメッセージのやり取りだけで、メル友と直接会うのはかなり危険な行為で、どのような人間がまったくわかりません。

 

また、あいさつだけでは本当に実在しているのかも確認できません。

 

そのためにも、メル友の年齢、所在地、職業、出会い目的、趣味などは最低限メッセージのやり取りをしておくべきです。

 

ただ、それだけでは審査とは言えなくて、そこからさらに深堀していくと本当に実在しているのか、又はどのような人間なのかが分かっていきます。

 

例えば、所在地に関しては周りにはどのようなお店があるのか、地元のお祭りはどのようなものなのか、などを聞き出すと実在しているのかも多少は分かってきます。

 

ただし、インターネットで検索すれば簡単に出てくるような回答のメル友は注意が必要で、メル友が答えた内容をネット検索にかけてみて、テンプレどおりの答えだったらそのメル友とは会わない方がいいでしょう。

 

予定より早くついて観察すること

実際にメル友と出会うときには、事前に観察することがオススメの方法です。

 

待ち合わせ予定時間よりも早めに現地に向かい、待ち合わせ場所からやや離れたところから観察すると、メル友がどのような人なのかを対面するまえにチェックできます。

 

少し探偵の仕事のような手段になりますが、かなり効果的にメル友審査ができる方法です。

 

まず、ルックスを確認する事ができて、ブサイク・ブ男ではないのかをチェックできます。

 

また、事前に知らされている見た目とのギャップを比較することができ、かなり事前の情報と違う見た目であればそのまま会わずに切ることもできます。

 

やや、汚い審査になってしまいますが、女性の場合には自分の身を守るためにも男性の雰囲気や人相などをチェックしておく必要があります。

 

少し観察してから集合したほうが安心

観察する時間に関しては、あまり長すぎてもいけませんが短すぎても審査不足になってしまいます。

 

だいたい10分〜15分くらいは審査すべきです。

 

少し遅れてしまってもいいので、最初メル友と会うときには十分に観察しておくと、その後も安心して付き合うことができます

 

待ち合わせの予定時間に遅れることによって、メル友のイライラしたときの態度などもチェックができます。

 

ただ、あまり待たせすぎてもいけないので、観察時間もせいぜい20分程度に抑えておく方がいいでしょう。

 

さらに、この審査の方法は複数人おこなうメル友オフ会などでも有効で、集合前に少し観察しておくとどのようなメンバーなのかを知ることができます。

 

初対面のメル友に会うことが苦手な人にも、事前にチェックすることで安心して対面することができます。

 

 

メル友の男と会う時は特に気をつけて

メル友審査|待ち合わせ場所に待ち伏せして行動チェック

特に注意が必要なのは女性が男性のメル友と初めて会う場合になり、悪意のある男性の場合には身の危険や犯罪に巻き込まれてしまうリスクがあります。

 

そのようなメル友と出会わないようにするためにも、メッセージの多用や事前観察が重要となります。

 

他にも、男性のメル友の場合には「車」で迎えに来るパターンも多く、そのときにもいくつか注意すべきポイントがあります。

 

車で来てる男の場合は、車に乗せられないように

初対面の男性と密室で出会うことは、とても危険で一般的ではありません。

 

そのため、車で来ているメル友の男性とは、できるだけ車に乗せられないようにする必要があります。

 

車のなかで二人っきりになってしまうと、仮に危害を加えられてしまっても逃げ場がありません。

 

また、車だと見知らぬところに連れて行かれてしまう可能性もあるので、メル友の男性と初めて会う場合には、できるだけ車で来ないようにお願いしておくといいでしょう。

 

ただその場合も、あからさまに「車は怖いので」という言い方だと相手によっては不快に思うので、できれば「車は酔ってしまうので」という言い方のほうが相手も不快に思いません。

 

どうしても車で来なければならないというメル友の場合には、出会った後は徒歩か電車のみの予定にしておけば、車に乗らずに済みます。

 

車なのにお酒に誘う男には要注意

車で来ているのにも関わらず、お酒に誘ってくるメル友の男性は要注意で、そのメル友はやや様子を見る必要があります。

 

事前に運転代行を頼む前提にしていれば得には問題ありませんが、事前に何も知らせることなくお酒の席に誘ってくる男性は相手への配慮がありません。

 

また、飲酒運転をされる危険性もあるため、その様なことをするメル友とは、即切ってその場からすぐ逃げた方がいいでしょう。

 

常識のある人であれば、せめて運転代行に連絡することを女性に言うはずです

 

そもそも、車で来ているのにお酒に誘うメル友は、普通はちょっとありえません。

 

せめて、何度か会ったことのあるメル友ならば多少はあり得ますが、初対面のメル友では車で来ていてお酒を誘うことはあり得ません。

 

最初の顔合わせはカフェでお茶する程度がベスト

メル友と最初に会うときには、居酒屋やお酒が飲める飲食店などは、あまりお勧めしません

 

特に、二人っきりで出会うときには、お酒が絡んでしまうと何かとトラブルの原因を高めてしまいます。

 

お酒を飲みすぎてしまったために、記憶が飛んだり寝てしまったりすると、無抵抗の状態が長く続くのでその間はかなり危険な状態です

 

そのため、最初に顔合わせをするときには、カフェなどでお茶だけに留めておくことベストになります。

 

普通のカフェや喫茶店であれば、酔って寝てしまうこともありませんし、記憶が飛ぶこともありません。

 

また、車で来ているメル友の場合でも、帰りの車の運転にも問題なく飲食することができます。

 

【ご近所ミリオン】


セックス好きすぎで壊れる理性
↓↓↓↓↓↓