メル友審査|Twitterを教えてくれる人はたいてい大丈夫な人

メル友から恋人やセフレを作る人はいますが、メル友の適正な審査をすることで安全に出会うことができます。

 

ここではメル友審査のうまいやり方やポイントを簡単に紹介していきます。

 

 

 

使ったサイト【ご近所メール便】

【完全無料】フリーメールでの登録も可
(迷惑メールフォルダに入ることがあります)


受胎しない美魔女は中でもOK
↓↓↓↓↓↓

 

トラブルに遭ってからメル友を審査してる

顔や素性などがあいまいなメル友と出会うときには、できるだけ安全に出会いたいものですが、実際には事前に審査する人は少ないようです。

 

そのため、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまう人もいて、金銭トラブル、窃盗被害、ストーカー、美人局などがあり、安全な出会いをするためにも適正な審査が必要です。

 

それらのトラブルに遭っている人は、何かの被害や事件が起こってからメル友を審査している場合が多く、事前のメル友審査をしていないケースがあります。

 

そのときの具体的な審査では「メッセージ内容の審査」「TwitterなどSNSの審査」などがあります。

 

トークで見抜くのは私の頭では無理

メル友の審査でも簡単なものには、メールのメッセージ審査があります。

 

メッセージから伝わる印象や言葉遣いなどから、どのような人間なのかを審査していく方法です。

 

「トーク力で見抜くのは、私の頭では無理!」と思っている人でも、徐々に経験を積んでいけばどのような人なのか分かっていきます。

 

そのためにも、たくさんのメル友と数多くのメッセージのやり取りをするべきで、ときには敢えて下ネタを振るなどして、相手の反応を見る審査もあります。

 

女性のメル友が下ネタに反応する場合には、お金目的や美人局、援助交際などの可能性があります。

 

男性のメル友の場合には、ヤリモク、強姦、窃盗目的などの可能性があり、とくにセックスだけを目的とする男性はすぐに反応します。

 

メル友審査に慣れていない人や初心者には、最初はメッセージだけでは違いが分からないかもしれませんが、多くのメル友と交流を図っていると違いが見えてきます。

 

Twitterのよくつぶやくアカウントを教えてもらう

メル友審査にはメッセージの内容の他にもSNSのアカウントを教えてもらうと、さらにメル友がどのような人なのかが分かります。

 

SNSのなかでもオススメなものにはTwitterになり、利用している人が多く、特に若い女性はアカウントの保有率が高いです。

 

Twitterでの審査方法は、まずはよくつぶやくTwitterのアカウントを教えてもらいます。

 

安全なメル友のTwitterアカウントならば、つぶやいている内容も一般的な内容でメル友審査も簡単にできて、さらにメル友とより親密な関係になることもできます。

 

そのため、Twitterのアカウントを持っているにもかかわらず、極端に拒んだり教えてくれない場合には、そのメル友は少し警戒した方がいいでしょう。

 

また、Twitterのアカウントをそもそも持っていないメル友の場合には、審査すること自体ができないので、その時点でブロックをするなどして審査対象外にしてしまうのもいい方法です。

 

SNSの審査ではTwitterだけではなく、FacebookやInstagramなどのアカウントでも審査ができます。

 

メル友審査でメッセージの内容から審査が難しい場合には、SNSのアカウントを教えてもらう方法がオススメです。

 

私はサブアカウントを教えている

SNSのアカウントでメル友審査をするには、まずは自分のアカウントを審査対象のメル友に教えてあげなければ相手も自身のアカウントは教えてくれません。

 

そのため、お互いのアカウントを交換する必要があり、FF(フォローフォロワー)関係でなければいけません。

 

そのときに「Twitterは、見ず知らずの人には教えたくない」という人もいると思います。

 

確かに、リアルでつぶやいているTwitterのアカウントや、友達と繋がっているアカウントはできれば教えたくないものです。

 

その対処法としては「サブアカウント」を作っておくとよくて、私自身もメル友審査用のサブ垢をいくつも保有しています

 

新たなメル友ができたときには、Twitterのサブ垢を使ってFF関係を築くようにしていて、リアルで使っているアカウントは教えていません。

 

この時のポイントとしては、サブ垢も本垢と同様程度にアクティブ状態に保っておくということです。

 

相手にTwitterのアカウントを教えたときに、中身がスカスカでつぶやきも何もないアカウントを教えても意味がありません。

 

私はメル友審査用のサブ垢をアクティブ状態に保っておくために、つぶやきをコピペして複数のアカウントに投稿して対処しています。

 

そこまでする必要はないかもしれませんが、サブ垢もできれば本垢と併用して使っておくと、メル友審査のときには助かります。

 

 

出会い系ヤッてるのをお互いに晒せる状態にするといい

ややリスクがある審査方法になりますが、出会い系サイトを普段利用していることをお互いに晒せる状態にしておく方法もあります。

 

このときにもSNSを活用するとよくて、TwitterやFacebookなどでメル友と繋がり、出会い系サイトを利用している事実を世間にオープンにすることで、お互いに安心や信頼を共有できます。

 

お金目的や業者と呼ばれるメル友のアカウントでは、出会い系サイトの利用事実をオープンにはしたがりません。

 

お互いに隠したいことだから腹の探り合い

メル友の審査は相手も自分(読者)が安全なのかを審査している場合がほとんどなので、出会う前にはお互いが腹の探り合い状態と言えます。

 

なので、相手の審査を積極的にするのと同時に、自分の情報もできるだけ言える範囲で提供してあげるとメル友も安心します。

 

ただ、個人情報などを提供することは厳禁で、怪しいメル友などに自分の個人情報を教えてしまうとトラブルの原因になってしまいます。

 

そのためこの場合もTwitterなどのSNSのアカウントをまずはメル友に教えてあげるとよくて、そうすることで相手も信用してくれます。

 

相手を信用させる方法は他にもあり、新聞の日付と一緒に手や足を写真で撮り、それをメル友に送信する方法などもオススメです。

 

顔だと流出することが怖いのでお勧めできませんが、手や足ならば流出しても誰かは特定できなくて、メル友には自分が実在していることを証明できます。

 

顔出しFacebookを教えてくれる人はほぼ安全

Facebookでは多くの人がサムネイルに顔写真を使用していることが多く、顔出しのFacebookのアカウントを教えてくれるメル友はほぼ安全です。

 

Twitterなどではあまり顔写真をサムネイルにしている人は少ないのですが、Facebookは顔写真が多くTwitterよりも信頼性は高い側面があります。

 

ただ、日本ではFacebookを普段からアクティブに利用している人は少なくて、Twitterと比較してしまうと審査できる人のメル友が限定されてしまうデメリットはあります。

 

そのため、顔出ししているFacebookのメル友は、ほぼ安全ということは言えますが、なかなか該当者のメル友が少ない審査にはなってしまいます。

 

基本秘密厳守は出会い系やる人の暗黙の絶対ルール

出会い系サイトでは、いくつかの暗黙の絶対ルールが存在しています。

 

誹謗中傷を書き込まない、個人情報は載せない、事実無根を捏造しないなどなど、社会的に非常識なことはやってはいけません。

 

また、お互いのメル友の情報を共有しているときにも秘密を厳守することは絶対ルールになり、とくに個人情報を悪用することは犯罪になります。

 

悪用はしなくても他のメル友に内緒で教えてしまったり、ネットになんとなくメル友の情報を匂わせるようなことを書き込むこともルール違反です。

 

多くはネット社会での暗黙のルールというものを守っていれば、出会い系サイトでもルールは守っていることになります。

 

いくつかの暗黙のルールはありますが、メル友の誹謗中傷や個人情報の管理を厳守していれば、出会い系サイトは楽しく利用できます。

 

使ったサイト【ご近所メール便】

【完全無料】フリーメールでの登録も可
(迷惑メールフォルダに入ることがあります)


受胎しない美魔女は中でもOK
↓↓↓↓↓↓