メル友の自宅に誘われたら男が3人待ってたのでダッシュ回避

メル友の自宅に誘われたら男が3人待ってたのでダッシュ回避

メル友の自宅に誘われたら男が3人待ってたのでダッシュ回避

メル友の自宅に誘われたら男が3人待ってたのでダッシュ回避

出会い系サイトを利用するときには、皆さん気をつけてください!

 

メル友の家に行ったら、男3人が待ち構えていたことがあり、危うく強姦されそうになりました!

 

そのときの、エピソードの詳細を少し書いていくので、出合い系サイトを利用している女子は要チェックです!!

 

メル友トラブル|怖かった事例

強姦されそうになったのは、1年くらい前の出来事になります。

 

出合い系サイトを少しやっていた時期があり、メル友が何人かいました。

 

メル友メンバーには、女性が20人男性が10人ほどという割合で、普段なにげないことをメールで雑談したり情報交換したりと楽しんでいました。

 

主に女性メル友とのメッセ交換が多かったのですが、男性メル友ともたまにアニメの話やゲームの話で盛り上がっていました。(はい!オタク女子です!)

 

メル友なので顔もわかりませんが、ゲームの攻略方とかを教えてもらえるので、すごく助かっていました

 

いつものように、ゲームが好きな男性メル友とメールを楽しんでいたら、突然「今度、直接会ってゲームしようよ」というメッセージが送信されてきました。

 

私は少し怖かったのですが、普段は優しい感じの文章のメル友だったので思わず「OK」の返信をしてしまいました。

 

これが、私の恐怖体験の始まりです…

 

このときにもう少し警戒していれば、あんな怖い思いをしないでも済んだのに…

 

メル友と駅で待ち合わせしていい雰囲気に

メル友の彼の名前は「サトル(仮名)」と言い、駅で待ち合わせることにしました。

 

男性との久しぶりのデートだったので、少しウキウキした気分で待っていました。

 

午前10時に待ち合わせたのですが、サトルはなかなか現れず15分くらい待たされてしまいました。

 

そのまま駅で待っていると、サトルからメールが来てあと30分くらいで到着すると連絡があり.私は「何かあったのかな…」と少し不安になっていました。

 

今から思えば、何かおかしな感じがその時点からしていました。

 

11時になってようやくサトルはが来て、お互い初対面だったので自己紹介をしながら雑談なんかをして、少しいい雰囲気になっていました。

 

サトルの印象は、そのときは「少しカッコいいかな」と思っていましたが、今となってはただのゲス野郎で!最低バカ男です!

 

雑談をしていると、サトルは「少し早いけど、お昼ご飯食べちゃおうよ」と言い、私たちは駅中の飲食店でご飯を食べることにしました。

 

ご飯を食べていると、サトルは携帯電話で誰かと連絡し始めて、誰かとメールをしている様でした。

 

私は「他のメル友?」とサトルに聞くと、サトルは「今から、俺の家に行こうよ」と催促するように誘ってきました。

 

私も「ゲームするだけ」という言葉を信じサトルの家に行くことにしました。

 

彼の部屋が駅チカらしく行ってみることに

サトルの家は駅チカということで、そのときは特になにも警戒せずに後をついて行きました。

 

駅の近くと言うわりには、15分くらい歩かされ「全然近くないじゃん」と思いつつ、やや不満気味でした。

 

そんなことも知らずにサトルは我先へと歩いて行ってしまい、私は「もう少しお喋りしながら歩きたいな…」と思っていましたが、サトルはかなりの早足で私を家まで案内していました。

 

駅ではいい雰囲気で楽しかったのですが、その時ぐらいからサトルの様子が明らかに不自然な感じがしました。

 

たまに、こちらをチラチラ見ては目が少しずつ怖くなっているように感じました。

 

ただ、サトルもたまに話しかけてきては冗談を言ったりするので、私は愛想笑いをしながらサトルの少し後ろを歩いて行きました。

 

部屋に大人数の男がいたので逃げた

サトルのアパートは2階建の作りで、綺麗な真新しい感じの作りをしていました。

 

外壁はクリーム色で屋根は焦げ茶色だったような記憶があります。

 

駐車場も付いているアパートで、「家賃もまずまず高そうだな」と思いました。

 

サトルの部屋は1階の奥の部屋ということで、私はサトルに促されてそのまま玄関まで誘導されました。

 

玄関に到着すると、トオルはなぜか私の後ろにピッタリくっつき「先に部屋に入っていて」と言い私の体の後ろから手を伸ばして玄関を開けました。

 

そして、部屋に入ると見たこともない3人の男たちが部屋の中で集まっていて、私はこの状態が一瞬理解できなくなり頭が真っ白になりそうでした。

 

サトルの方を見たのですがそこには誰もいなくて、部屋には私と顔も知らない3人の男たちだけしかいません。

 

他のメル友かなと一瞬だけ頭をかすめたのですが、男たちには笑顔がなく不気味だったので明らかに様子がおかしく、そのときに初めて身の危険を感じました。

 

私は恐怖のあまり体が硬直してしまい、部屋の入り口で男たちと対峙していると、急に男たちは私を捕まえようと手を伸ばしてきました。

 

私はそれを振りほどき、玄関の方までダッシュして部屋を脱出しました。

 

アパートから逃げる途中、腰が少し抜けそうになりましたが、近くのコンビニの中に駆け込んでなんとか避難することができました(ほんと人生の中で一番怖かった…)

 

違和感を感じたのは彼の部屋に行く前の行動

メル友の自宅に誘われたら男が3人待ってたのでダッシュ回避

この日の出来事は親にも話はしていなくて、ここで初めて発表しています。

 

出会い系サイトと知り合った男性と初めて会うときには注意が必要で、男性の細かな行動を見ておいた方がいいです。

 

このときに違和感を感じたのは、彼の部屋に行くときの直前の行動でした。

 

駅の飲食店でのサトルの突然の誘いだったり、アパートに行くまでの道中だったりです。

 

その他にも、おかしいなと感じたことがあります。

目つきがいきなり変わってた

サトルと駅で初めに会ったときには笑顔で接してくれたのですが、徐々に笑顔が無くなっていき目つきが徐々に変わっていきました

 

特に、駅からアパートに行くまでのサトルの目つきはかなり怖かったです。

 

最初は「緊張しているからなのかな〜」と思っていましたが、結果的にそうではなかったですね。

 

なので、出会い系サイトで男性と会う時のポイントは「目つき」をよく見ておくと、男性の本性が分かりやすいです。

 

セックスや悪いことするための男性の場合だと、目つきが鋭くなり笑顔も無くなっていきます。

 

携帯をいじってどこかに連絡してた

その他にも、お昼ご飯を食べているときに携帯でどこかに連絡していたというのも、おかしな行動だったのかなと思います。

 

ご飯中に携帯をいじることは珍しいことではないのですが、相手が初対面のときに長時間いじることはあまりありません。

 

サトルが携帯をいじっていた時間は20分くらいで、無言で誰かとやり取りしていていました。

 

おそらく、そのときに連絡していたのはサトルのアパートで待ち伏せしていたあの3人の男たちです。

 

男たちに細かな時間や段取りをサトルと連絡しあっていたのでしょう。

 

(ほんとヤバい…)

 

先に部屋に入っててと言われて覗いたら靴がたくさん…

サトルのアパートに入る時にもやや違和感がありました。

 

玄関をみてみると靴がたくさんあって、最初は「サトルの靴なのかな…」と思いましたが、今考えればおそらくあの靴は3人の男たちの靴です。

 

大きさも微妙に異なっていた靴だったような気がします。

 

このときすぐに逃げていれば、怖い思いをしないで済んだのですが、そのときは気が付きませんでした。

 

出会い系サイトのメル友と会ったときのエピソードを紹介してきましたが、初めて男のメル友と出会うときには怖いことも起こりやすいのです。

 

そのため、男のメル友がたくさんいる人はくれぐれも気を付けてください!

 

【メールほしいの】


毎日ヤリたいなら独身熟女がおすすめ
↓↓↓↓↓↓