恋人未満なセフレ探しはメアド交換がベスト

恋人未満なセフレ探しはメアド交換がベスト

恋人未満なセフレ探しはメアド交換がベスト

恋人未満なセフレ探しはメアド交換がベスト

いきなりですが、セフレ探しにはメアド交換がベストです!!

 

私の今までの経験上になりますが、セフレになってくれた女性すべてが出会い系サイトでメアド交換できた女性です。

 

セフレ探しに手間取っている男性は、こちらの記事は必見になります!

 

セフレと連絡取るのはメアドが無難

セフレと連絡を取るのはメアドが無難で、LINEやカカオトークなどではタイムラインに投稿されてしまう危険性があります。

 

また、普段使っている通話アプリやメッセージアプリでは、間違って送信してしまうリスクもあるので、セフレはやはりメールで繋がっているほうが何かと都合がよくて安心です。

 

さらに、メアドはフリーメールでいくつも作ることができるので、セフレの関係の痕跡を残さずに縁を切れます。

 

今までのセフレとの連絡手段は、LINEなどを使っていたときもありましたが、やはりリスクの方が多くてメールの方が安心感があります。

 

そのため今では、セフレとの連絡手段はメールオンリーです。LINEやその他の通話アプリなどのアドレスは、今のセフレには教えていません。

 

なので、家族などにもセフレの存在がバレていないですし、今後もバレないだろうなと思っています。(お願いだからバレないで!)

 

私の場合はGmailでセフレと連絡&即削除

私の場合は主にGmailを使ってセフレと連絡しています。

 

Gmailを使っている訳は、フィルター機能が充実していることや迷惑メールがあまり来ないということもありますが、その他にもセフレと連絡することに向いているからというのもあります。

 

セフレとの連絡手段でGmailが向いている訳には、メールがすぐに削除しやすかったり捨てアドがすぐに作れるといったことがあり、セフレとの連絡手段には向いています。

 

以前はLINEを使ってセフレと連絡していたのですが、削除するのもやや面倒に感じることがあったので、たまに削除し忘れていたことがありました。

 

そのため、セフレとのやり取りがそのまま残ってしまっていて、危うく友達に見られそうになったことがあります。

 

友達の家にスマホを忘れてしまい、自宅から友達にスマホを忘れたことを連絡するのにPCのLINEから送信してしまったので、そのときは「セフレとの会話を見られているかも…」と、とても心配になりました。

 

結果的に見られなかったので良かったのですが、そのときからセフレとの連絡はGmailだけにしようと思いました。

 

Gmailの方が履歴を消しやすいので、セフレとの連絡はLINEなどの通話アプリよりもGmailを使っています

 

家族や仕事仲間とセフレを同列にしたくない

セフレとメアド交換が無難な訳は、メアドならばフリーメールが使えて家族や仕事仲間と同列にしたくない人にも簡単に分けることができるからです。

 

セフレがいる人ならば分かると思うのですが、LINEなどだと妻や子供と同じところにセフレが同じ画面に表示されてしまうので、あまり気分は良くありません。

 

罪悪感とかが沸いてしまうということもありますが、日常的に家族と連絡しあっているツールとセフレの連絡ツールはできれば分けたいものです。

 

そのため、セフレと連絡をする場合にはやはりメールがオススメです。

 

私もGmailはセフレ専用のツールにしていて、家族や仕事仲間とは別々にしています。

 

酷い言い方かもしれませんが、セフレと家族とで連絡手段を分けることは、セフレとうまく付き合うためにも実践して下さい。

 

セフレはばれないように万全を期す

当たり前ですが、セフレがいることは家族や友人や仕事仲間などには、ばれないように万全を期さなければなりません。

 

そのためにもメアド交換が必須で、できればセフレ専用のメアドを作った方が良いでしょう。

 

セフレの存在がバレてしまっては、既婚者ならば離婚のリスクがあり、彼女がいる人では同じく別れてしまうリスクがあります。

 

メアドをセフレ専用にする他にも、履歴を消すことやフリーメールを使うなどの対策がオススメです。

 

 

卑猥な話もメールなら問題ない

恋人未満なセフレ探しはメアド交換がベスト

セフレとはよく卑猥な話で盛り上がりますが、LINEなどではセフレと卑猥な話をすることはリスクがありお勧めしません。

 

普段、家族や仕事仲間と連絡を取り合っているLINEでは、セフレとの卑猥な話もやりにくいものですし、万が一家族に見られてしまっては取り返しがつきません。

 

一方、セフレ専用のメアドがあれば、どんなに卑猥な話でも問題なくできます

 

セフレと最初に出会う時には、結構卑猥な話で盛り上がることが多いので、セフレ専用のメアドを作っておくと、セフレと親密になれて楽しむことができます。

 

そのためにも、やはりLINEではなくて、セフレとはメアド交換が無難です。

 

LINEはスクショされたらアイコンでバレる可能性がある

メアドが無難になる訳は他にもあって、LINEではスクショの危険性があり、アイコンでバレる可能性があります。

 

LINEのアイコンが、個性的なものや自分の顔写真の場合には本人とすぐに分かってしまうので、バレてしまっては言い逃れができません。

 

私のLINEのアイコンも特徴的なアイコンのため、セフレにスクショされてネットに流出されてしまったら、私のLINE履歴の会話だと一発でばれてしまいます。

 

メールでもスクショされるリスクはありますが、アイコンが付いているメールほとんどありません。

 

特にフリーメールでは、スクショされてネットに流出させられたとしても、フリーメールなのですぐに捨てることができます

 

その他にも、セフレもいろいろな女性がいて、悪質なセフレの場合にはLINEでの卑猥な話をスクショして金銭を要求してくる女性もいます。

 

そのときにも、LINEの場合ではアイコンがあるので言い逃れできなくて、お金を振り込まざるを得ないことになります。

 

それらの、リスクや言い逃れできない事態にもなるので、セフレとの連絡はメールの方が安全になります。

 

Gmailの捨てアドならバレることはない

Gmailでは簡単に捨てアドを作ることができて、捨てアドがあれば家族や仕事仲間にバレることもありません。

 

Gmailで捨てアドを作る方法はとても簡単で、私は1週間ごとに捨てアドを作っています。

 

セフレと連絡を取り、1週間が過ぎたらまた新たな捨てアドを作って、という作業を繰り返しているので家族や仕事仲間にバレるリスクは低いです。

 

Gmailの捨てアドの作り方はPCからでしかできませんが、Googleにログインして「設定」画面の「アカウントとインポート」をクリックし「メールアドレスを追加」というところで新たなアドレスを作ることができます。

 

慣れれば1分もかからないで捨てアドをつくれるので、捨てアドを作るならばGmailがオススメで、他にも何かと便利に使うことができます。

 

Gmail→Facebook→LINEサブ垢と作ってLINEするならありかも

セフレと連絡手段としてはメルアド交換がベストですが、LINEのサブ垢を作ればそちらの連絡手段もありです。

 

LINEのサブ垢を作るためには、SNSのFacebookアカウントでも作ることができます

 

その、Facebookのアカウントを作るにはメールアドレスが必要になるため、先ほど紹介したGmailの捨てアドを使えば簡単にFacebookのアカウントは作れます。

 

そうすれば、LINEのサブ垢をFacebookのアカウントで作ることができるので、セフレ専用のLINEアカウントを用意できますよね。

 

LINEのサブ垢ならば、家族や仕事仲間と同じ画面にメッセージが表示されませんし、間違ってセフレに対してのメッセージを家族に送信してしまうリスクもなくなります。

 

セフレ探しにはメアド交換がオススメですが、LINEのサブ垢などもオススメになるので、セフレ探しのツールとしてぜひ実践してみて下さい!

 

【直アド天国】


刺激が足りない熟女に抱かれて
↓↓↓↓↓↓